就職用サイトを利用しよう

ARTICLE LIST

2017年08月22日
若い労働力を得られる新卒採用を更新。
2017年08月22日
新卒での面接の受け方を更新。
2017年08月22日
就職用サイトを利用しようを更新。
2017年08月22日
新卒採用でよりよい職場づくりをするを更新。

CALENDAR

2018年4月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

新卒採用のポイントとは?

即戦力を望むことができないのが新卒なのですが、長い会社の展望を考えますと新卒は少なからず採用する価値があります。大企業ほど中途よりも新卒を重要視する傾向があるのは、風土に染めやすいことがあるからです。特定の仕事に熟知する、というよりはその企業の活動に熟知する、という方向で育てることができるからです。そのため、新卒至上主義ともいえる傾向が日本にはありました。
既に中途でもよいからよい人材を、という風潮もありますがそれでもやはり新卒は毎年、定期的な人材の補充という形で採用されています。昔のような形で新卒を採用することは難しくなっており、殆どの場合、アプローチはネットから、ということになります。自社のサイトから募集をするのもよいのですが圧倒的に効率的であるといえるのがまずは就職サイトを利用することです。それも新卒用のところにしましょう。
それがいくつもありますから、どれか一つ、二つに登録することです。すべてに、というのも悪いわけではありませんがコストがかかることになります。新卒採用活動のポイントはとにかくまずは見られることにあります。そのために今はネットを使うことが必須になっているといえるでしょう。

新卒採用にはもっとコンサルを利用すべし

フォードの社長を務めた名物経営者アイアコッカ氏は、在職中1,000人を越える人材を面接した経験を持つそうですが、それだけの人を見て来ても、面接でその人に本当の情熱があるのか、本当の意欲があるのかだけは、到底見抜けるものではないと述懐しています。
逆に、もしも数十分や1時間程度の面接で、人間の本質とも言える情熱や意欲のありかを訊ねることが出来るなら、その人は黙っていても超大企業の経営者になれるだろう、とも語っています。百戦錬磨のアイアコッカ氏にして、人材を見出すことが如何に難しいことであったかを示す証左です。
まして、普通の経営者、人事担当者であれば、そんなことが簡単に出来るなどとは、間違っても自惚れてはならないことだと思います。ではどうすればいいのか、まずは謙虚になることですが、具体的にはコンサルタントの活用になるのではないかと思います。経営者ではないコンサルタントに、人材を本当に見抜く力があるのかといぶかる向きもあるかもしれませんが、餅は餅屋です。
コンサルタントは伊達に新人発掘をしてきていません。彼らは大学でセミナーを開く機会も多く、双方の立場で物を見ることに長けています。おそらくアイア・コッカ氏が生きていたら、企業サイドからのみ新卒採用を検討していたのでは分からない視座を兼ね備えたコンサルタントを、もっと有効に活用していたように思われます。