新卒での面接の受け方

ARTICLE LIST

2017年08月22日
若い労働力を得られる新卒採用を更新。
2017年08月22日
新卒での面接の受け方を更新。
2017年08月22日
就職用サイトを利用しようを更新。
2017年08月22日
新卒採用でよりよい職場づくりをするを更新。

CALENDAR

2018年4月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

新卒採用に向けた行動

新卒採用のための行動には、民間の新卒採用サイトを利用する方法や大学や専門学校へ募集をかける方法や就活フェアへの出展があります。新卒採用サイトを利用する場合は、最初の登録時の情報だけでなくこまめに情報を更新したほうが印象が良いです。例えば、新卒採用サイトの中でのアクセス順位や説明会の情報などです。
大学や専門学校へ新卒の求人をかける際には、社員の出身校を選ぶほうが良いです。場合によっては、OB訪問などで会社の実態や就活へのアドバイスを聞くことができるので、学生にとってもその企業で働くイメージをつかみやすく、自分に合う会社かどうか見極めができます。企業にとっては、社員の発言を通じて、よりその企業に合う人材を確保できる可能性があります。
また、地方の場合に特に有効なのは、地域のUターン就職生や地元就職組をターゲットにした地域限定の就活フェアに企業ブースを出展することです。大手の就活フェアでは埋もれてしまう規模の企業でも、地域に根付いた企業が集まる中では、その地域独特の持ち味を活かした企業アピールができます。新卒採用は、中途採用と違い、就職予定の学生をターゲットにして行うので、学生へのアプローチという視点を忘れずに取り組む必要があります。

新卒が面接を受ける場合の最低の心得

新卒の採用に関して、やはり一番の決め手になるのは面接でしょう。この面接時の受け答えや態度が、人物像を浮かび上がらせてくれると言っても過言では無いのです。新卒者も面接に関しては万全の準備で臨むことになります。さて面接をする立場の方はどうでしょう。複数人で面接が普通になりますし、それも出来るだけ公平な審査を使用としての事でしょう。
とは言っても、面接官も一人の人間であることは変わりありません。個人的な好悪が入ってしまうのも仕方のない事とも言えるでしょう。特に新卒の面接に慣れている人の場合、ドアを開けて入室した途端に是非を決定してしまうと言う事です。ある意味これも、最初の印象で決めると言う事ですので、個人的な感情も入っていると言う事です。面接される方にとっても、ここは一体どう切り抜ければと言うところですが、勿論最低限の礼儀だけは心得ておきましょう。
部屋への入退室の時の礼儀などは、一通り把握しておくことが大事です。ここで決めてしまう面接官がいることも、覚えておいてください。それ以外は本当に、質問に対して通り一遍の答えだけでなく、しっかりとした自分の意見を口に出すことが重要です。この時決して、出来ないことを出来ると言ったりすることは避けましょう。その手の嘘は、多数の人間を見てきた面接官にはお見通しになりますので、決してやらないことです。